水道水について

お水の豆知識|水道の歴史イメージ画像

日本の水道水は世界一安全で、直接飲める水として世界で注目されていました。
しかし、
産業や科学の発展や時代の変化とともに、トリハロメタンの有害性が不安視され、
カビ臭やカルキ臭、残留塩素や赤サビ、放射能といった残留物の心配などから、
水道水が直接飲めるという印象は残念ながらもう過去のものになりつつあります。

蛇口から出てくる前の水には、
病原体や微生物などの細菌が含まれているため、塩素で消毒をしています。
その塩素によって安全性が保障されているといえるのですが、
塩素も人体にとって強い毒性があるといわれています。
(塩素は呼吸器に影響を与える化学兵器として、人類初で使われた化学物質です)
あくまでも水道水に含まれる塩素量がたえず監視されているとしても、
万が一というリスクを考えると、とても不安になってしまいます。

また、水道水に含まれるトリハロメタンも発癌作用があることで人体への有害性が指摘されています。
日本の水道水はそのような理由によって、
今では直接飲まれる方も少なくなりましたが、おいくないという理由からではなく、
前述のような安全面で不安だから飲みたくないという声が圧倒的に多いといわれています。

また、最近では、ゴミ処理場、廃棄物処理場の土壌から、
安全基準を超える鉛やヒ素、大腸菌などの有害物質が
一般の土壌から数十~数百倍検出されたと、厚生省からも発表されているのです。
日々摂取する水は、健康を意識する上でも大変重要であるといえるでしょう。

<< 水道の歴史   ミネラルウォーターとは? >>