ミネラルウォーターとは?

お水の豆知識|ミネラルウォーターイメージ画像

ミネラルウォーターは、一般的には地下水を原水とするものを指します。
特に、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものの総称で、
ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターといいます。

国内生産量では実は山梨県が日本一の採取量を誇っています。
欧米では、飲料として用いられる水道水(上水道)がカルシウムやマグネシウムを多く含み、
硬度が高いために、味が悪く、煮沸するとやかんやボイラーの内側に
大量の結晶が付着してしまうような事情からミネラルウォーターの販売が普遍化していきました。

近年では、自然、健康という概念で世界中に愛飲者が存在しています。
日本国内でも『水道水について』でも触れた理由から、
水質に問題があると感じてミネラルウォーターを購入する消費者も増えています。
近年、バナジウムの糖尿病抑制効果が注目され、このバナジウムを含む
ミネラルウォーターが健康食品の一種としても販売されています。

また、欧米では元々採取した段階で炭酸が含まれてるものがあり、
炭酸水のことをミネラルウォーターと指すこともあります。
なお、無炭酸のものはスティルウォーターといわれています。

<< 水道水について   RO水(逆浸透膜水)とは? >>