海洋深層水とは?

お水の豆知識|ミネラルウォーターイメージ画像

海洋深層水とは、大陸棚より沖合いにある海流で、
光合成に必要な太陽光が届かない水深200m以上もの深いところにあり、
表層の海水と混ざらない程の深さにある海水を言います。
また地球上の海水の約95%が海洋深層水で占めているともされています。

この海洋深層水は、表層の海水が外気などにより冷やされ、
垂直に沈み込む海流が表層域へ一度も大気に触れることなく湧昇するまで、
この海流を一周するのに約2000年の歳月が掛かるといわれます。

また、深度200m以深では太陽光線はほとんど届かず、
海水の温度は低温なために、細菌も少なく、カルシウムやマグネシウムなどの細胞の働きを助け、
人体にも必要なミネラル分や栄養分を豊富に含んでいます。

日本海で採取される海洋深層水は亜感帯地域で沈み込みベーリング海から流れてくるものを指しています。
その海域では、豊富に栄養分やミネラル分を含んだ海水で、
湧昇現象が見られる表層部では、豊かな魚場が形成されています。

<< RO水(逆浸透膜水)とは?   水素結合水とは? >>