軟水、硬水の違い

お水の豆知識|ミネラルウォーターイメージ画像

飲料水に限らず生活用水も含めて、水の分類の一つとして軟水と硬水というものに分けられます、
その基準となるのが水1リットル中に含まれている
「カルシウムイオン」と「マグネシウムイオン」の量を表す【硬度】と呼ばれるもので、
この硬度が低い水を【軟水】、高い水を【硬水】というように分類しているわけです。

WHOによる分類としては、
軟水(0~100mg/L未満)・硬水(120mg/l 以上)
ということになるのですが、一般的な分類としては、
軟水(0~100mg/L未満)・中硬水(100mg以上~300mg/l 未満)・硬水(300mg/l 以上)
となる様です。

主な特徴
【軟水】
・口当たりが柔らかく、さっぱりしていている
・お茶を入れたり、料理の風味と旨みが立ちやすい
・石けんや洗剤が泡立ちやすい

【硬水】
・のどごしが硬いが、しっかりした飲みごたえを感じる
・お茶を入れたり、料理の風味と旨みが立ちにくい
・石けんや洗剤が泡立ちにくい

<< 水素結合水とは?   浄水器とは? >>